2021年7月の終了事件

概要
依頼者の母親が亡くなり、依頼者の兄の代理人弁護士から遺産分割を求められた事件。
結果
法定相続分にしたがって、約620万円の金員を受け取ることができた。
ポイント
本件は、当初から法定相続分による分割を求められた事件でした。
ただ、依頼者は、突然、相手方本人ではなく、その代理人弁護士から手紙をもらったため、きつ法律事務所に依頼されたいとのことでした。
吉津からは、法定相続分による分割で依頼者にも異議はないということでしたので、弁護士費用をかけることなく、ご自身で協議されるようお勧めしましたが、どうしても、きつ法律事務所に依頼されたいとのことでした。
そこで、弁護士費用は通常の2分の1としてご依頼を引き受けました。
結果としましては、法定相続分による分割となりましたが、依頼者からは大変感謝されました。
きつ法律事務所ではご依頼内容に応じて、費用等を柔軟に設定していますので、他の法律事務所の見積もりに疑問を持たれた方は、セカンドオピニオンとして、きつ法律事務所にお問合せください。