法律文書・契約書の作成 | 郡山市の弁護士|きつ法律事務所

法律文書・契約書の作成

法律文書作成にお困りではありませんか?

法律文書作成にお困りではありませんか?

当事者同士の意思をはっきりしておくことや、後々「言ったはず」「聞いていなかった」というトラブルを未然に回避するという意味から、契約をはじめとした法律的な関係を結ぶ場合には書面に残しておくことがとても重要です。
ちなみに、万が一裁判になるようなトラブルが起こった場合、書面が決定的な証拠になる場合が殆どです。逆に、書面を取り交わしていなかったために、裁判で不利になってしまうこともあります。

せっかく書面を作成したにも関わらず、大切な要素が抜けていたために、後々裁判で苦労することも。それだけ書面というものは重要なものなのです。
郡山市のきつ法律事務所では契約書、和解書その他の合意文書、就業規則などの法律文書の作成を行っております。また、契約書など法律文書のチェックもしております。お困りでしたら、お気軽にご相談ください。

弁護士に法律文書作成を依頼する3つのメリット

あなたの会社の利益を最大限に確保できる

他社と法律文書を交わすとき、双方の力関係によって一方には有利なもの、もう一方には不利になることもありえます。しかし、各種法律文書のフォームは中立的な立場から作成されていますので、当事者の力関係を反映できない場合もあります。
弁護士への法律文書作成の依頼は契約書の案件が最も多いですが、双方の関係を踏まえたうえでより実態に沿った契約書を作成できます。
貴社にとってなるべく有利となるような項目を盛り込むこともできます。

会社の事情を反映した法律文書を作成できる

契約文書を交わすとき、それぞれのケースによって背景となる事情があることでしょう。
しかし、各種法律文書のフォームはそういった事情を考慮していない場合があります。
弁護士であれば、法律文書作成の背景にある事情をしっかりとお伺いし、あなたの会社に合わせた書面を作成することができます。

トラブルを未然に防ぐことができる

各種法律文書のフォームは、それを作成した者を特定することは難しいといえます。
当事者に内容を補てんしてほしいという意図があり、あえて簡素化されている場合もあります。
ですから、そのまま書面を作成してしまうと、将来的に紛争を引き起こしかねません。
弁護士に法律文書作成を依頼することで、ひとつひとつの項目をできる限り明確にし、将来起こりうるトラブルを回避することができます。

企業法務の弁護士費用について

法律文書・契約書の作成

定型的な内容のもの 10万円から20万円(税抜)
非定型的なもの 相談結果によります。

※その他実費、福島地裁郡山支部、福島家裁郡山支部、郡山簡裁以外の裁判所の案件は別途、旅費・日当を頂戴いたします。

詳しくはこちら

法律文書・契約書作成の相談のご予約

きつ法律事務所では、企業法務のご相談は、30分5,000円(税抜)で行っております。
他のご相談者様の面談や、弁護士のスケジュールがございますので、必ず事前のご予約をお願いしております。

法律相談のご予約はこちらから

  • ご相談予約専用フォーム

  • 相談無料予約コール

ご予約の前にご確認ください

  • 個人向けの法テラスの無料相談は適応になりませんので、ご注意ください。
  • ご相談は完全予約制となっております。
  • ご来所頂いての面談となります(メールや電話のみでの法律相談は受け付けておりません。)