刑事事件の法律相談 | 郡山市の弁護士|きつ法律事務所

刑事事件の法律相談

刑事事件でお困りのあなたへ

  • 家族が逮捕されてしまった
  • 家族が逮捕されたが面会(接見)できない
  • 不起訴で釈放されたい
  • できるだけ早く保釈・釈放してほしい

刑事事件でお悩みの方へ弁護士からメッセージ

刑事事件でお悩みの方へ弁護士からメッセージ

刑事事件はとにかく時間との勝負です。
早い段階でご相談いただければ、それだけ良い結果を得られる可能性も高まります。
たとえご家族が捕まってしまったとしても、弁護士が身柄解放、不起訴処分、執行猶予を獲得できるよう迅速に対応します。
重ねて申し上げますが、刑事事件はスピードがものをいいます。

まずは気持ちを落ち着けて、弁護士にことの次第をお話しください。被害者のいる事件では、心情に配慮した柔らかな対応を心掛けて示談交渉に臨みます。
郡山市のきつ法律事務所は、あなたとあなたのご家族を守るために、確かな知識と経験で刑事弁護活動を行います。

刑事事件について弁護士に相談するメリット

メリット1 逮捕後、72時間以内の面会できるのは弁護士だけです
勾留決定が出るまでの逮捕段階では、弁護士以外の者が被疑者と面会をすることはできません。
弁護士であれば、逮捕段階でも、被疑者と接見をすることができ、法的なアドバイス及び精神的サポートをすることができるので、被疑者に不利な内容のみが調書として残る可能性は低くなります。
加害者本人にとって心強いだけでなく、そのご家族にとっても加害者本人の様子を知ることができるので、安心につながります。
メリット2 精神的サポートと早期解決のために迅速に対応してもらえる
家族や友人が逮捕されてしまった、警察から事情聴取の呼び出しを受けている、といったとき、手続きの流れや今後の見通し、どのような対応ができるのかについて、早期に正確な情報を得ることが何より力になります。
ご本人が逮捕・勾留されている場合には、早急に接見(面会)に行き、ご本人から話を聞いた上で、問題の早期解決のため迅速に対応することができます。
メリット3 証拠に基づいた確実な刑事告訴をすることができる
被害者が、被害届(告訴状)を作成し、警察に提出しても、なかなか受理されないのが現状です。
弁護士であれば、被害事実が犯罪であることを明らかにし、一定の証拠を示しながら被害届(告訴状)を作成するので、受理の可能性が高まります。

刑事事件に関する相談の流れ

1.無料相談のご予約

無料相談のご予約

30分無料相談は、きつ法律事務所へご来所頂く面談形式で行っております。
他のご相談者様の面談や、弁護士のスケジュールがございますので、必ず事前のご予約をお願いしております。

2.初回30分無料相談

初回30分無料相談

ご予約の日時にご来所ください。
インターホンを押していただき、対応する事務員にお名前をお伝えください。
お部屋へご案内いたします。
法律相談に関する資料等ございましたら、当日お持ちください。その他、相談内容や弁護士に聞きたいことを簡単に(メモ程度でOKです)まとめてお持ち頂けると、より的確なアドバイスをすることができ、スムーズに進めることができます。
なお、当事務所ではプライバシーの保護には十分に注意を払っておりますので、安心してご利用頂けます。

ご相談が終了後、ご依頼の意思がない場合、もう少し考えたいなどの場合は、ここでご相談終了となります。
後日、「やっぱり依頼したい」「もっと聞きたいことがある」などの場合は、改めてご連絡ください。

3.弁護士の力が必要だと判断されたらご依頼ください

弁護士の力が必要だと判断されたらご依頼ください

正式にきつ法律事務所にご依頼される場合は、まず、トータルでかかる弁護士費用のご説明をさせて頂きます。
費用にご納得のうえご依頼いただく場合は、「契約書」と「委任状」を作成いたします。
その後、契約書の写しをお渡しします。

4.法律トラブル解決に向けて

法律トラブル解決に向けて

弁護士が主に行うことについて

・相手との交渉
弁護士があなたの代理人となり、相手方へ手紙を出すなど、相手との交渉を行います。
また、ケースによっては裁判所を通さずに交渉のみで解決することもあります。
・調停
裁判所での話し合いにおいて、ご依頼者にとってより良い条件で合意できるように全力を尽くします
・訴訟
裁判手続きの種類は、内容にもよりますので、どの手続きを利用するのかをご依頼者様と弁護士で
協議して慎重に進めていきます。

上記のような各種法的手続きで、ご依頼者様が抱えるお悩みやトラブル解決に向け、コミュニケーションを大切にしながら最後まで全力でサポート致します。

刑事事件の弁護士費用のご案内

弁護士の費用はその人の体型に合わせて洋服を仕立てるのと似ていて、全て一律という訳にはいかない部分もあります。そのため相談内容をお聞きしないと決められない場合もあることをご了承願います。
費用は全て分割可能ですので、お気軽にお問い合わせください。(※法律相談料及び顧問契約料を除く)

刑事事件の弁護士費用

  逮捕・拘留段階の弁護活動 裁判にかけられた後の弁護活動
着手金 20万円~50万円(税抜) 20万円~50万円(税抜)
報酬金 着手金に同じ 着手金に同じ

※すべて税別表記となっております。
※その他実費、福島地裁郡山支部、福島家裁郡山支部、郡山簡裁以外の裁判所の案件は別途、旅費・日当を頂戴いたします。

詳しくはこちら

刑事事件の相談について良くある質問

弁護士に相談するとしたらどのタイミングですればよいですか?
できるだけ早い方が良いです。
まず、これは刑事事件に限らず、早期に相談すればするほど弁護士がとりうる手段は多くなります。
特に刑事事件においては、早期に身体拘束から解放されるためには弁護士の協力が不可欠です。
また、一度自分に不利な供述調書が作成されてしまうと取り返しがつかなくなる危険もあるため、 そのようなことのないよう弁護士から早期に適切なアドバイスを受けておく必要があります。
夫が逮捕されてしまいましたが、どうすればよいですか?
刑事事件では、逮捕直後が重要です。
弁護士は、家族であっても面会(接見)が困難な逮捕直後(逮捕後72時間)でも、接見禁止決定が出ている場面でも、逮捕されている方(被疑者)と面会を行うことができます。
面会では、弁護士は取り調べに対するアドバイスや、今後の手続きの見込みの伝達、精神的な支援などを行うことができるので、早めにご相談ください。
逮捕されたらどうなるのですか?
すぐに釈放されることもありますが、逮捕は最長で72時間続きます。
その期間中に検察官が勾留請求をし、裁判官がこれを認めた場合には、さらに最長20日間身体拘束されることになります。
そして、身柄拘束の最終日に検察官が起訴にするか、不起訴にするかが決定されます。

刑事事件の無料相談のご予約

30分無料相談は、きつ法律事務所へご来所頂く面談形式で行っております。
他のご相談者様の面談や、弁護士のスケジュールがございますので、必ず事前のご予約をお願いしております。

ホームページからのご予約で初回30分相談無料

  • ご相談予約専用フォーム

  • 相談無料予約コール

ご予約の前にご確認ください

  • ご相談は完全予約制となっております。
  • ご来所頂いての面談となります(メールや電話のみでの法律相談は受け付けておりません。)
  • 上記の無料相談は法テラスの震災法律援助を適応いたします。