2021年3月の終了事件

概要
依頼者(被告)がその元従業員(原告)の預金を権限なく費消したという理由で、その費消した金員約280万円の返還を求められた事件。
結果
解決金150万円を支払う和解が成立した。
ポイント
依頼者からすれば、当然、費消したことには理由があった事件でしたが、裁判では、それを立証することがなかなかできず、上記の和解で終了せざるを得ませんでした。もっとも、請求額の約半額を支払えばよいという和解となりましたので、依頼者には、一応の納得をしていただけました。
きつ法律事務所では、裁判所の案件は最優先でご相談予約をお取りしていますので、裁判所から訴状や調停申立書などが届いたという方は、慌てず、また、混乱されず、まずは、きつ法律事務所までお問合せください。