2020年10月の終了事件

概要
依頼者が離婚、親権、養育費等を求めた調停事件。
結果
相離婚、親権、養育費月額8万円等を内容とする調停が成立した。
ポイント
本件は、依頼者が夫婦関係円満調整調停を申し立てたが、相手方が離婚を頑なに求めたため、離婚調停に切り替えて上記の結果になりました。
吉津は調停の途中から依頼を受けました。
調停は郡山以外の裁判所で行われていたため、依頼者は、きつ法律事務所に依頼されると旅費日当が生じるにもかかわらず、きつ法律事務所を信頼いただき、受任となったものです。
離婚事件は、経済問題だけではなく依頼者の精神的な苦しみの大きい事件類型です。
別の弁護士に相談したけれども、フィーリングが合わなかったなどという理由で、きつ法律事務所をお訪ねになる方もいらっしゃいます。
きつ法律事務所ではセカンドオピニオンの相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。