2020年6月の終了事件

概要
依頼者の妻が相手方と不貞をしていたことが分かり、相手方に対し慰謝料請求した事件。

結果
75万円の慰謝料を支払ってもらうことを内容とする示談をした。
ポイント
依頼者は、過去に妻が相手方と不貞をしていたことを知り精神的に苦しみましたが、きつ法律事務所に相談されたことで徐々に落ち着きを取り戻されました。
訴訟も視野に入れましたが、時間や費用面なども考え交渉手続きとしました。
その結果、訴訟をした場合よりも早期に、また、費用対効果という面では相応の慰謝料を取得することができました。
このような事件の場合、依頼者は慰謝料という金銭問題だけではなく、精神面で不安定になっていらっしゃることが多いように感じます。
きつ法律事務所ではそのようなお気持ちをくみ取りながら手続きを進めていますので、同じような問題でお悩みの方はきつ法律事務所までお問合せください。