2020年5月の終了事件

概要
依頼者は夫の運転する自動車の助手席に乗車していたが、その停車中に相手方が追突した事故の損害賠償請求事件。

結果
相手方提案額約77万に対し示談金約252万円で示談することができた。
ポイント
依頼者は弁護士特約に加入されていましたので、その一切の費用的な負担なく、上記の結果となり、非常によろこんでいただけました。
繰り返しになりますが、交通事故の被害に遭われた方は、まずは弁護士にご相談された方がよいと思います。
弁護士特約に加入されている方は必ずご相談くださいと申し上げても過言ではありません。
きつ法律事務所でも交通事故の被害に遭われた方のご相談をお受けしていますので、ご遠慮なくご連絡ください。