2019年9月の終了事件

概要
相談者が赤信号で停車しているところに相手方が追突した事故の損害賠償請求交渉事件
結果
物損について修理費用と代車費用を、人身について約74万円の賠償金を得ることができた。残念ながら、増額の要求を相手方損保会社に受け入れてはもらえなかった。
ポイント
依頼者は弁護士特約に加入されており、弁護士の交渉により上記の結果を得ることができました。
相手方損保会社に増額を受け入れてはもらえませんでしたが、依頼者は訴訟までは望んでいないということで、交渉による結果として、十分に満足をしていただくことはできました。
交通事故に遭われた方は、お体のダメージだけではなく、お気持ちにもダメージを受ける方が多くいらっしゃいます。
そのような心身の状態で、相手方損保会社と交渉することは過大な負担となるようです。
きつ法律事務所では、事故後間もなくから交通事故に遭われた方に寄り添った対応をさせていただいております。本件の依頼者も事故から数日間でのご依頼でした。交通事故に遭われた方はお1人でご負担を抱えこまないようにしてください。