2019年8月の終了事件

概要
養育費合計10万円、解決金160万円を支払うことを骨子とする和解成立
結果
養育費合計10万円、解決金160万円を支払うことを骨子とする和解成立
ポイント
もともとの請求額が養育費13万円と解決金300万円だったため、大幅な減額を勝ち取ることができました。
離婚事件の場合、親権や養育費の点でどうしても夫側が不利になる傾向がありますが、上記の結果により、依頼者には感謝していただきました。
きつ法律事務所では、訴えられた夫側のご依頼もお受けしていますので、そのような状況になってしまわれた方は、お一人で悩まずにきつ法律事務所にご相談ください。