2019年1月の終了事件

概要
夫とその不貞相手に対し慰謝料200万円を請求した事案。
結果
合計160万円を支払ってもらうことを骨子とする和解成立。
ポイント
依頼者は、当初、ご自身で相手方に賠償金を請求していましたが、相手方の提示金額に凡そ納得がいかず、きつ法律事務所に依頼されました。
弁護士吉津の経験では、仮に裁判をしても不貞慰謝料の判決額は200万円くらいになっています。他方で、裁判をすれば、弁護士費用等々で通常数十万円はかかりますし、時間も1年くらいはかかります。それをせずに交渉で160万円を得られたということは裁判をする場合よりも依頼者にとって有利だったということができます。
不貞慰謝料を請求しようとお考えの方、または、不貞慰謝料を請求されている方はきつ法律事務所までご相談下さい。