2021年7月の終了事件

概要
依頼者が自転車で走行していたところ、対向車線から左折してきた相手方運転車両が依頼者に接触した交通事故の損害賠償請求事件。
結果
相手方損保会社の示談提案額約15万円に対し当方の請求額どおりの約24万円を支払ってもらう和解が成立した。
ポイント
本件は怪我の程度も軽く、早期に上記の解決となり、依頼者から感謝していただけました。
もちろん、弁護士特約を加入されていたので、きつ法律事務所へのお支払いも一切ありませんでした。
毎回、記載していて、くどいようですが、弁護士特約に加入されている方で、交通事故被害に遭われた方は、必ず、弁護士にご相談されるようお勧めします。
時々、ネットの書き込みなどで、「お金にならない交通事故案件だと依頼した弁護士が親身に取り扱ってくれない」などという苦情を見かけることがありますが、きつ法律事務所では、そのようなことは一切ありません。
実際、本件も、幸いにして怪我の程度が軽かったが故に、上記のような金額で示談できましたが、事案に取り組む姿勢は、重大事故と全く変わりません。
怪我の程度に関係なく、被害に遭われた方は、お気兼ねなく、きつ法律事務所までご相談ください。