2021年3月の終了事件

概要
依頼者が妻の不貞相手(被告)に対し慰謝料200万円等を請求した事件
結果
被告は依頼者に110万円を支払えという判決を得た。
ポイント
本件は、不貞相手がいわゆるラブホテルには入ったが不貞はしていないと
いう抗弁を出してきた案件でした。そのような言い訳自体が依頼者の気持ちを
逆なでしましたが、最終的に上記判決を得ることができましたので、依頼者に
は溜飲を下げていただけました。
きつ法律事務所では、不貞問題について、被害者側加害者側を問わず、ご相談や訴訟等対応に応じていますので、この問題で苦しまれている方は、ご遠慮なくお問合せください。