2019年7月の終了事件

概要
高速道路上の接触事故で助手席に乗っていた依頼者が相手方車両運転手に対し損害賠償請求をした事案
結果
相手方損保会社提案額約47万円に対し、約52万円で和解が成立
ポイント
依頼者は、一度、別な弁護士に依頼しましたが、同弁護士の動きが悪いことを理由に一旦委任契約を解消してから、きつ法律事務所に依頼されました。
その後、後遺障害非該当に対する異議申立て等を行いました。
しかし、事故が起きてからの動き出しが遅かったこともあり、異議申立ても通りませんでした。
最終的には上記のように少額の増額しかできませんでしたが、このケースも弁護士特約を利用しての依頼だったため、依頼者の負担ゼロで進めることができました。
なお、これは吉津自身の戒めにもなることですが、弁護士は郡山市内だけでも約70名います。
相談した(依頼した)弁護士の対応に疑問を感じた場合には、別の事務所でセカンドオピニノンをお聞きになることも検討してよいと思います。
きつ法律事務所ではそのようなご相談も受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。